About

Midville's (ミッドヴィルズ)について

出張音楽教室をはじめとしたあらゆるサポートをしています。

出張音楽教室

大阪市〜東大阪市を中心に関西にお住まいのあらゆる地域の人々を対象にしたQOL向上、生涯学習支援の一環としてギター / ウクレレレッスンを行っています。お子様への情操教育にも力を入れている他、プロ志望の若い子への作曲指導や講師として働きたい方への教育論指導も行います。また受講生の楽器の出張メンテナンス会なども定期的に行なっています。

アーティストサポート

サポート演奏 / 楽曲提供の他、販売用の楽譜やバンドスコアの作成 / 浄書やWEBサイト作成、動画のキャプション / 字幕の英訳など、国内で芸術活動をしているアーティスト向けの文化活動支援もしています。

音楽活動

自らの演奏を広報するだけでなく、学問としての音楽をより一層追究しています。他の講師やプレイヤーたちと、より発展的な演奏技術や指導法を共有するために、様々な分野の知識を援用した総合研究支援を絶えず続けています。

演奏スタイル

生演奏においては独奏、いわゆる"フィンガースタイル"による演奏が主体。ギター音楽による空間演出を得意としており、式典や飲食店で様々なジャンルのBGM生演奏の担当する。音源では一人多役のワンマンバンドスタイルも披露。

影響

ジャズ、マヌーシュ、ルーツ・レゲエ、ヒップホップ(Lo-fi)、R&B、カントリー、ブルーグラス、ラテン、クラシックギター音楽、現代音楽、映画音楽など。

賞歴

Finger Picking Day 2019 ファイナリスト
第二回 Fingerstyle Arrange Competition プロフェッショナル部門第3位

日本国内最大級のギターコンテストFinger Picking Day (フィンガーピッキングデイ)最終選考出場時の動画のサムネイル

Finger Picking Day 2019 最終選考時の映像
曲はGrover Washington Jr. feat. Bill Withers "Just The Two Of Us"

使用機材

Guitar: Morris SC171 Bevel (2014), Morris F-20 (1972), Epiphone Emperor-J (1989), Cordoba GK Studio LTD (2017)
Microphone: Blue Dragonfly, RODE NT1-A
Audio Interface: RME Fireface UC
Cables: Ex-Pro Sound Wood, OYAIDE Force’77G & OYAIDE P-275MS (自作), NEO by OYAIDE Elec d+
DAW: Logic Pro, Garage Band
Tablature Editor: Guitar Pro

趣味

読書: 実用書や学術書が多いです。音楽、語学、科学、哲学、教育論などはもちろんですが、他にも養老 孟司さんや星野 道夫さんの本とか、歴史モノだと『三国志』、イスラム史に関する本が好きです。
映画: 年100本くらいは観てます。ドキュメンタリーやヒューマン・ドラマ、コメディなんかが好きです。アニメは疎いです。
スポーツ: 学生時代は空手部でキャプテンだったこともありました。初段です。別に強くはないですし、模範的な練習生ではありませんでしたが、格闘技はスタイル問わずなんでも好きです。他にも野球、ラグビーなんかも好きです。好きな選手は田中 将大投手とラグビーのNemani Nadolo (ネマニ・ナドロ)選手です。
芸術鑑賞: ルネッサンスはもちろん、ポップアート、前衛芸術みたいなのも好きですしクラシカル・カトゥーンとか鉛筆画も好きです。Natonal Geographic (ナショナル・ジオグラフィック)や星野 道夫さんのような自然系の写真展も好物です。
ギターいじり: エレキギターの改造が好きで、高級パーツを買い揃えてアッセンブリを自分で組んだりします。
船: どういうワケか船が好きで、クルーズ船を眺めたりフェリーに乗りたがります。将来は飛鳥IIに乗って世界一周するのが夢です。
神社巡り: 年のわりには案外信心深い気がします。氏神さん、商売繁盛の神様など、たまに。お水の綺麗な神社が特に好きです。パワースポットとかは全然興味ない。

特技

HTML / CSS: 独学ですが、中学生の頃からコツコツやっています。プロには及びませんが、このWEBサイトも自分で構築したモノです。
語学: 小学校から英会話に通って (通わされて)いたり、留学経験があったり、今も英会話を習っていたり...それでもTOEICは750点程度なので才能はないのに英語とは腐れ縁で。ペラペラではありませんが、旅行なら通訳なしでなんとか過ごせると思います。

Copyright © All rights reserved.